京都伊勢丹での催事を終えて


先週、おかげさまで盛況のうちに京都伊勢丹での催事を終えることができました。

お客様に直接作品を見ていただける貴重なこの期間、お客様との対話の中から、つぎに繋がるような沢山の気付きやヒントを得ることができました。
これからも末永くご愛用いただけるものを制作できるように努めます。

足をお運びいただいた方々、
気にかけてくださった方々、
本当にありがとうございました。

百貨店での展開は今回が初めてでしたが、
販売をするにあたり、作品が出来上がるまでの過程も併せて知っていただきたい という想いから、
展示の中で、横振り刺繍や制作過程についての紹介を多く行わさせていただきました。
その中でも特に好評でした、標本箱を使用した展示についてご紹介させていただきます。

yukionizukaの横振り刺繍で作った標本

yukionizukaの横振り刺繍で作ったジュエリー 

yukionizukaの横振り刺繍で作った標本 

 yukionizukaの横振り刺繍で作ったピアス

 yukionizukaの横振り刺繍で作った標本

yukionizukaの横振り刺繍で作ったアクセサリー 

 

yuki onizukaのジュエリーは、一枚一枚刺繍をしたモチーフを切り抜き、合わせて形にしています。
完成形からは少し想像がしづらいので、形にしていく前のモチーフ数枚〜数十枚を並べ、どのようなパーツから構成されていれるのかが一目で分かるように標本箱に納めています。

今回は全種類ではなく5点ほどでしたが、各作品の後ろに配置しました。
作品以外でもお客様に楽しんで頂けるような見せ方の工夫を今後も続け、横振り刺繍についても興味を持って頂けたらと思っています。


今年後半も、作品を直接見て頂ける機会を設けておりますので、お楽しみにしていただけましたら幸いです。